電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道総研、気候変動による水温上昇でサケ稚魚放流時期早まる予測

新聞記事

道総研、気候変動による水温上昇でサケ稚魚放流時期早まる予測

2021年03月22日


 来遊資源の低迷が続く秋サケ。気候変動による海面水温の上昇などの影響が指摘される中、道総研は温暖化のシナリオに基づき、サケ稚魚の降海時期の沿岸水温の将来変化を予測した。併せて放流適期への影響を分析。北海道沿岸全域で適水温の開始時期、終了時期とも早まることが分かった。適水温期間は特にオホーツク、根室で短くなり、サケ稚魚の生残にマイナスの影響をもたらす可能性が示唆された。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る