電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 紋別漁協製氷冷凍工場、対EU・HACCP取得

新聞記事

紋別漁協製氷冷凍工場、対EU・HACCP取得

2021年03月22日

内壁改修を施した原貝保管庫


 紋別漁協(飯田弘明組合長)の製氷冷凍工場が昨年12月17日付で農水省のEU向け輸出水産食品取扱施設(対EU・HACCP)に認定された。対象製品は冷凍ホタテ貝柱(玉冷)。国内はもちろん香港や台湾などのアジア市場に加え、数年先には年間100トンのEU輸出を目標に玉冷生産を強化。高品質の商品力を武器に、当面はオランダ中心の販路拡大を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る