電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 存在感膨らむ増養殖

新聞記事

存在感膨らむ増養殖

2021年03月15日


 世界の養殖生産量は過去20年間で約4倍に拡大し、今後もアジアを中心に成長が見込まれている。一方、日本国内も回遊型魚類の資源低迷などから存在感が増している。特に回転ずしなどで人気のマグロやサーモンが脚光を浴びて、サーモンは養殖後進地の北海道、岩手県でも事業化を視野に入れた取り組みが進行している。増殖事業を含め技術・資機材の開発動向などの一端を紹介する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る