電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 野付尾岱沼の玉冷輸出は強含み

新聞記事

野付尾岱沼の玉冷輸出は強含み

2021年02月08日

ホタテの荷揚げ作業(1月、尾岱沼漁港)


 根室管内5単協(歯舞・根室・根室湾中部・別海・野付漁協)が操業する野付尾岱沼の根室海峡共同海区は、開始から1カ月で計画の3割に当たる4660トンの水揚げ。2月から全54隻体制の操業が始まり、日産数量は平均300トン台となった。一方、アジア向けの玉冷輸出が強く、浜値はキロ300円台前半から200円台後半と堅調に推移している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る