電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道の駅「しかべ」でアカモク取扱開始

新聞記事

道の駅「しかべ」でアカモク取扱開始

2021年02月01日

水揚げされたアカモクの異物除去作業。機能性に加え、シャキシャキした食感も特長(昨年6月、ひやま漁協荷捌所)


 ひやま漁協乙部支所の若手漁業者らが採取するアカモクの販路が拡大している。近く鹿部町の道の駅「しかべ間歇泉(かんけつせん)公園」が取り扱いを開始。商品や売り場改善に注力するなど話題を呼んでいる商業施設との連携で、乙部産アカモクの販促や認知度向上に大きな期待がかかる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る