電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 秋サケ大不漁、海水温上昇で稚魚減少か

新聞記事

秋サケ大不漁、海水温上昇で稚魚減少か

2021年02月01日


 岩手県沿岸をはじめとする本州の近年の秋サケ資源減少は、親潮南限の北偏傾向と関連がある可能性が高まった。黒潮から暖かい水の渦が発生し続け、寒流の親潮の南下を妨げると、高水温に加え稚魚の餌となる動物プランクトンの減少ももたらし、降海後にエネルギー不足に陥る状況となる。水産研究・教育機構水産技術研究所宮古庁舎の佐々木系氏が1月23日、盛岡市内で開かれた「三陸海域の水産業と海洋研究集会」で報告した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る