電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 日本魚類、活・鮮魚を全国へ

新聞記事

日本魚類、活・鮮魚を全国へ

2021年01月11日

カレイの活じめ。鮮度を保ち付加価値向上をねらう


 「本物のイカを食べさせたい」―。網元に生まれ育った青森県外ケ浜漁協の木浪佑悦さんは、東京で目にした真っ白いイカの刺身に衝撃を受け「新鮮な魚介類を流通させよう」と一念発起。東京・豊洲市場での修業を経て、2年前に水産物の活・鮮魚販売を手掛ける(株)日本魚類を立ち上げた。ヤリイカやホタテを中心に前浜で漁獲した新鮮な水産物を全国各地に届けている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る