電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 標津スケソ、年明けはやや低調

新聞記事

標津スケソ、年明けはやや低調

2021年01月18日

良型のスケソの荷揚げ作業(12日、薫別漁港)


 標津漁協のスケソ刺網は、好漁した12月と比較し、やや低調な滑り出しとなった。水揚げは1隻で日量500キロ~1トン前後。魚体は良好だが数量の日間格差が大きく、着業者は「12月末のシケ後から海が変わった」と吐露する。浜値は1月初日にキロ170円と昨年並みで始まった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る