電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道総研さけます・内水試が解析、前・中期 予測比9割

新聞記事

道総研さけます・内水試が解析、前・中期 予測比9割

2020年11月23日


 平成以降最低だった2017年(1737万尾)、19年(1756万尾)に並ぶ低水準で終盤を迎えた北海道の秋サケ。道総研さけます・内水面水産試験場の解析によると、中期までの来遊数は16年級の4年魚が漁期前予測並みの一方、15年級の5年魚は予測の15%減で、18年に類似した年齢組成。17年級の3年魚も予測を15%下回っている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る