電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 水研機構が42種66系群を資源評価

新聞記事

水研機構が42種66系群を資源評価

2020年11月16日


 水産研究・教育機構は6日、2020年度の資源評価対象魚種119種のうち、42種66系群について実施した資源調査・評価の結果を公表した。資源水準は高位が15系群、中位が16系群、低位が35系群となり、日本周辺水域の水産資源の約半数は低位にとどまっていることが明らかになった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る