電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 丸二永光水産、樋搬送式エックス線導入で玉冷の高品質化を追求

新聞記事

丸二永光水産、樋搬送式エックス線導入で玉冷の高品質化を追求

2020年11月16日

異物混入防止などに威力を発揮している新システムのエックス線検査機


 枝幸町の(有)丸二永光水産(永澤二郎社長、電話0163・62・3022)は今季、ホタテ玉冷の製造ラインに新システムを導入した。海水中の貝柱(生玉)に適応した樋(とい)搬送式のエックス線検査機で、玉冷段階に比べ高鮮度・高感度に異物を検出できる。異物混入対策の強化で製品の高品質化を追求。併せて従来洗浄後に人手で実施していた検品作業の省人化が可能となり、生産性の向上につなげている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る