電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > データ処理のデジタルブックプリント、大槌ホヤで加工販売参入

新聞記事

データ処理のデジタルブックプリント、大槌ホヤで加工販売参入

2020年11月09日


 苦境に立つ三陸産ホヤの消費拡大に向け、地元加工業界でもあの手この手の働き掛けが始まっている。岩手県大槌町のデジタルブックプリント(株)(佐藤力社長、電話0193・55・4217)は天然ろ過海水でパックした刺身用の「恵海(めぐみ)ほや」を開発し発売。全国にホヤ好きの輪を広げようと「おおつち・ほやファンクラブ」も創設した。販路開拓や食べる機会を増やす消費の仕組みづくりにつなげたい考えだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る