電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾ボイルは量販店中心に消費好転

新聞記事

噴火湾ボイルは量販店中心に消費好転

2020年10月26日


 噴火湾では水揚げ最盛期と新型コロナウイルスの感染拡大が重なったことから、中国向け冷凍両貝が停滞しボイル主体の製造に切り替わったものの、巣ごもり需要が追い風となり、売り場を縮小していた量販店の販売が好転した。今後は鍋商戦を迎える年末年始の消化に期待が掛かる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る