電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 陸奥湾ホタテ最終水揚げ7万5000トン

新聞記事

陸奥湾ホタテ最終水揚げ7万5000トン

2020年10月26日

新貝の荷揚げ作業(7月)


 青森県漁連は2020年度の最終水揚量を前年度比20%減7万5千トンと試算している。来年1~3月の成貝出荷は4千トン前後の見込み。最終金額は減産に加え半成貝、成貝の単価安も響き税込みで約3割減の90億円前後とみている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る