電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 三陸ホタテ貝毒で活出荷できず打撃

新聞記事

三陸ホタテ貝毒で活出荷できず打撃

2020年10月26日


 三陸のホタテ養殖が苦境に立たされている。宮城、岩手両県の生産海域は近年、長期にわたり規制値を超えるまひ性貝毒が検出され、主力の活貝が安定出荷できない状況が続く。両県は出荷基準の緩和で打開を図るが、今季は新型コロナウイルスの影響も直撃。飲食店の休業による需要の落ち込みで浜値は3割下がった。出荷形態は生玉や玉冷にシフト。販売戦略の見直しを迫られる加工業者も苦悩の日々を送る。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る