電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 全道秋サケ5万トン割れの様相

新聞記事

全道秋サケ5万トン割れの様相

2020年10月19日

切り上げまでの上積みが期待される斜網地区の水揚げ(14日、網走港)


 北海道の秋サケ定置は盛漁期も伸び悩んで、2年連続の5万トン割れの様相を呈している。大所のオホーツク・東部の斜網地区が不振だった昨年より日量の落ち込みが早く、記録的不漁のペースで全道の漁獲水準に影響。資源の回復が今年も見通せず、定置・組合経営、増殖事業、加工・流通など秋サケ業界の各方面で先行きへの不安が強まっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る