電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 森町のイワムラ水産、日本最深漁場養殖生ガキで品薄期に攻勢

新聞記事

森町のイワムラ水産、日本最深漁場養殖生ガキで品薄期に攻勢

2020年10月12日

抱卵せず身入りの良好なカキ


 噴火湾でカキ養殖に力を入れる森町の(株)イワムラ水産(岩村雅美社長)は、日本最深漁場となる水深70メートル海域での養殖に成功した。夏から秋に7~10度の低い水温帯に垂下し良好な身入りを保つことで、品薄期となる9~10月の生食用出荷が可能となった。岩村雅弘社長代理は「ぎゅっと熟成させ身入りの良いカキになった。中には抱卵前のカキも確認できた」と驚く。今年は1万個を生産し10月中旬ごろまで販売。来季の生産量は3倍に増やす計画だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る