電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 礼文、高酸素海水製造ユニットでホタテ生存率向上を期待

新聞記事

礼文、高酸素海水製造ユニットでホタテ生存率向上を期待

2020年10月12日

高酸素海水製造ユニット


 いぶり噴火湾漁協は、ホタテへい死対策の一環で礼文、豊浦支所に計27台の高酸素海水製造ユニットを導入した。今春の耳づり作業から順次、使用している。 コンプレッサー内蔵型で、循環ポンプをつなげると、くみ上げた海水の酸素濃度が一気に上昇する仕組み。近年、高水温に伴う溶存酸素の低下によって、へい死の発生が増加傾向にある中、生存率向上が期待できるため、使用者はホタテ養殖漁家を中心に北海道各地で増えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る