電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 泰興商事の工場「サンリクフーズ」EU・HACCP取得

新聞記事

泰興商事の工場「サンリクフーズ」EU・HACCP取得

2020年09月14日

三陸フィッシュソーセージ。今回の輸出品目は左2品(ブラックペッパー、チリペッパー)


 (株)泰興商事(岩手県大船渡市、町田健司社長)のフィッシュソーセージ専用工場であるサンリクフーズ(宮城県気仙沼市)は農林水産省のEU向け輸出水産食品取扱施設(EU・HACCP)の認定を8月27日付で取得した。認定書交付式が7日農水省で行われた。輸出品目は「三陸フィッシュソーセージ ブラックペッパー」「同 チリペッパー」の2品で、宮城県で初の認定。今後はフランスやオランダ、イタリアなどの国々と商談を進め、来年早々には輸出を始めたいとしている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る