電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 網走市のマリン北海道、主魚種で特産品開発

新聞記事

網走市のマリン北海道、主魚種で特産品開発

2020年08月10日

ご飯に載せるだけで親子丼が出来上がる海鮮丼の素の4アイテム


 カニの輸移出入・加工・卸を手掛ける網走市の(有)マリン北海道(下山大輔社長、電話0152・43・8536)は、地元・網走産の魚介類を使った特産品づくりにも挑戦している。これまで秋サケの生珍味・総菜、シジミの米飯商品などを開発。自社店舗や通販での直販、ふるさと納税返礼品などで浸透に取り組んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る