電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 秋サケ来遊不振の要因「初期減耗」3仮説

新聞記事

秋サケ来遊不振の要因「初期減耗」3仮説

2020年07月13日


 来遊資源の低迷が続く北海道の秋サケ。5年魚の割合低下など資源構造の変化もみられ、今期も予測は2年連続の2千万尾割れ。研究者からは降海後、沿岸生活期での稚魚の生残率低下が指摘されている。長年にわたりサケの回遊と病理を研究している浦和茂彦氏(水研機構北水研さけます資源研究部客員研究員)に初期減耗(げんもう)の要因や改善策などをあらためて聞いた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る