電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 庶野空釣縄のヤナギダコ減産

新聞記事

庶野空釣縄のヤナギダコ減産

2020年06月15日

日量が伸びなかったタコ(3日、庶野漁港)


 えりも漁協庶野地区のタコ空釣縄漁が9日で終漁した。年明け以降に主体となるヤナギダコは数量、価格とも振るわず、着業者らは「水揚げ減に価格安が重なり、とにかく厳しかった」と話す。
 昨年10月に始まり、漁期最終盤の6月上旬は5隻が操業。同地区たこ部会の藤田慶二副部会長は「昨年末も年明けもそう変わらず数量が伸びなかった」と示す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る