電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ―エビ特集― 存在感放つ北海道産エビ

新聞記事

―エビ特集― 存在感放つ北海道産エビ

2020年05月25日


 北海道産のエビは量販店、飲食店で不動の人気商材として存在感を放っている。ブランド化の取り組みも進められ、近年はふるさと納税返礼品でも好評。各産地で開催される「えびまつり」は地元内外から大勢訪れる一大イベントとなり、浜の活性化をけん引している。
 北海道のエビ類資源はホッコクアカエビ、トヤマエビ、ホッカイエビなど複数種で構成。道水産林務部の集計によると、全体の漁獲量は3千㌧前後で推移していたが、2017、18年は2千㌧割れとなり、浜値は強含み。昨年も前年を若干下回った。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る