電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > コンブ減産高騰で消費地悲鳴

新聞記事

コンブ減産高騰で消費地悲鳴

2020年03月30日


 道産コンブの減産高騰で消費地業者が苦境に立たされている。2019年度の生産も過去最低の水準で推移。中でも道南産天然真昆布はここ数年繁茂不良による大減産が続いており、主力で扱う加工業者は「在庫が減る一方。今までで一番少ない」と現状を吐露。手すき業者は「促成も高く、完全に赤字。事業として成り立たない」と厳しい経営を強いられている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る