電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 在庫過剰感薄く再開可能/冷凍両貝の中国需要

新聞記事

在庫過剰感薄く再開可能/冷凍両貝の中国需要

2020年03月23日

中国の加工場でグレーズ処理された北海道産の片貝


 近年、需要が安定してきた中国向け冷凍両貝。オホーツク産の買い付けが強まった昨年の輸出量は5万トン以上となった。中国の動向に詳しい商社筋は「昨年末にも追加オーダーがあり、中国国内の在庫に過剰感を感じていない」と説明。新型コロナウイルスの影響で荷動きは停止したが「今年も買う気配は強い印象」で、中国市況が回復次第、通常の荷動きに戻ると予想する。現地の情勢を聞いた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る