電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手ワカメ初入札は価格低下

新聞記事

岩手ワカメ初入札は価格低下

2020年03月16日

入札前に品質を見定める買受人


 三陸ワカメの岩手県産初入札が12日、大船渡市の県漁連南部支所で開かれた。ボイル塩蔵23トンが上場、中芯を除いた落札価格は10キロ平均1万1150円。作業の遅れから数はまとまらなかったが、生育は順調という。価格も昨季初回を下回ったものの、先行する宮城産入札の下落の影響は最小限に食い止めた形。上場が一気に増える見込みの次回入札からの価格形成に注目が集まる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る