電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海ホタテ 漁場造成遅れる

新聞記事

オ海ホタテ 漁場造成遅れる

2020年03月09日

ホタテの荷揚げ作業。今年の漁場造成は1万6000トン以上が見込まれる


 オホーツク海の漁場造成は、沿岸一帯に接岸した流氷の影響で開始が遅れている。2日に予定していた紋別漁協はじめ7日予定の枝幸、雄武漁協もずれ込んだ。15日までに8単協の操業が予定されているが、流氷の動きを見て順次開始となる。本操業を含む今年の計画量は前年実績比2%減の31万1800トン、このうち漁場造成は1万6000トン以上の水揚げとなる見通し。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る