電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 札幌市のノフレ食品 水産品の新たな価値観訴求

新聞記事

札幌市のノフレ食品 水産品の新たな価値観訴求

2020年03月09日

北海道が漁獲量日本一の素材を使用した「やみつき」シリーズ(上)と釧路産ブランド使用のサバ缶


 札幌市のノフレ食品株式会社(信太孝一社長、電話011・200・0822)は一昨年7月の設立以来、新たなライフスタイル・価値観を捉えた商品開発を進めている。水産品では現在、北海道産素材を前面に、魚総菜とサバ缶の2つのカテゴリーを商品展開。コンセプトやパッケージデザインも追求し、差別化販売に臨んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る