電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手・宮城イサダ低調スタート 水温高く漁場形成に遅れ

新聞記事

岩手・宮城イサダ低調スタート 水温高く漁場形成に遅れ

2020年03月09日


 岩手、宮城両県のイサダ(ツノナシオキアミ)漁が解禁され、岩手県の大船渡市魚市場に4日、今季の初水揚げがあった。制限いっぱいの275箱(1箱約30キロ)に達した船は1隻のみで、水揚量は昨季初日より92トン少ない103トン。海水温が高く、漁場形成が遅れているためとみられる。価格は1キロ67円~55円50銭で昨季初日を2円ほど上回った。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る