電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ひやま貝取澗の新生、養殖ホタテ3月以降にも初出荷へ

新聞記事

ひやま貝取澗の新生、養殖ホタテ3月以降にも初出荷へ

2020年02月24日

ホタテの分散(1月10日、長磯漁港の作業施設)


 ひやま漁協貝取澗地区で若手漁業者3人が立ち上げた合同会社新生は、2018年10月に開始した養殖ホタテが順調に成育、3月以降にも初出荷する見通し。1月中旬に3回目の分散作業を実施し、猪股勝也代表(35)は「へい死が少ない」と、出荷量の安定確保に期待を込める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る