電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > ウニ蓄養・通年出荷へ 洋野町でシンポ

新聞記事

ウニ蓄養・通年出荷へ 洋野町でシンポ

2020年02月10日


 岩手県の洋野町役場で2日、シンポジウム「洋野町で農山漁村の『いま』と『これから』を考える~洋野の海とウニ」が開かれた。特産品であるウニのブランド化を目指し、通年出荷を見据えた蓄養の事業化を検討している同町。配合飼料を用いた実証実験では「痩せウニ」の身入り改善が確認できた一方、海面での蓄養にはシケ対策などの課題も見つかった。これまでの実験成果を北海道大学大学院水産科学研究院の浦和寛准教授が報告した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る