電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 秋サケ 生鮮主導で消費伸長

新聞記事

秋サケ 生鮮主導で消費伸長

2019年11月04日

量販店の秋サケ売り場。サンマ・イカの不漁で旬商材の存在感が増した(10月上旬、札幌市内)


 記録的な不漁で終盤を迎えた北海道の秋サケ。今季の消流は在庫リスクの回避、サンマ・イカの凶漁に伴う商材確保など産地、消費地の事情が相まって例年以上に生鮮主導となった。今後焦点の冷凍ドレス、いくらなどの製品は供給量が少なく、昨年よりコストも下がった一方、輸入物の価格も下方修正され、先行きは不透明。旬期消費の伸長などの好材料を通年商材の売り場回復につなげられるか、商戦は正念場を迎える。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る