電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道の秋サケ定置5万㌧割れの可能性も

新聞記事

北海道の秋サケ定置5万㌧割れの可能性も

2019年10月21日

切り上げまでに挽回が期待される斜網地区の水揚げ(16日、網走港)


 北海道の秋サケ定置は低調なまま盛漁期を過ぎ、一昨年を下回る1978年以来の5万トン割れの可能性も見えてきた。今年は例年3割を占める大所のオホーツク・東部の斜網地区が不振で大きく影響。来遊資源の低迷から脱却が見通せず、秋サケ業界は将来への不安が増している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る