電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 函館水試 噴火湾ホタテへい死に仮説

新聞記事

函館水試 噴火湾ホタテへい死に仮説

2019年09月23日


 道総研函館水産試験場は、噴火湾で発生するへい死のメカニズム解明に向け気象・海洋環境を調査した結果、風波に伴う養殖かごの「振動」と不適な「餌環境」で稚貝が成育不良となる仮説を明らかにした。2017年まで25年間のデータを分析したもの。夏季の特徴的な気象・海洋環境を経験した稚貝は秋以降の生残低下、異常貝増加につながると指摘。「夏場の環境をいち早く伝えることで、その後の管理方法が調整できるシステムを構築できれば」と話している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る