電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手・釜石湾白浜浦女性部 アカモクを名産に

新聞記事

岩手・釜石湾白浜浦女性部 アカモクを名産に

2019年08月26日


 「釜石の新たな名産品に」―。岩手県の釜石湾漁協白浜浦女性部(佐々木淳子部長、部員82人)は、湾内に群生する天然アカモクを加工した「尾崎さんちのあかもく」を発売した。アカモクは一年藻で枯れるとごみとして流れ、地元漁師には厄介者だったが、健康・美容効果に優れ食感も良い。未利用資源を有効活用した高付加価値商品としてPRしていく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る