電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 青森県小泊漁協、マツカワ陸上養殖有望、好成長

新聞記事

青森県小泊漁協、マツカワ陸上養殖有望、好成長

2019年05月20日

期待が高まるマツカワ


 青森県日本海側の小泊漁協(成田直人組合長、中泊町)が進めるマツカワの陸上養殖試験が好調だ。同県産業技術センター水産総合研究所(水総研)と共同で始め、半年足らずで体長は約2倍の227ミリ、体重は7倍の217グラムに成長、死滅はゼロ。スルメイカ漁獲が激減するなど漁船漁業が厳しいなか、未経験の養殖を軌道に乗せ、生産組合を立ち上げて水揚げを補完したい考えだ。町の後押しも大きい。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る