電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > ホタテ玉冷輸出、今年も期待薄

新聞記事

ホタテ玉冷輸出、今年も期待薄

2019年04月01日


 米国の2019年度水揚げ計画は、生玉換算で2万8000トン程度が見込まれている。18年度に続き高水準となるため、玉冷輸出の期待度は薄い。今年のオホーツクも小型傾向で増産となれば、引き続き内販重視の展開が予想され、シーズン初めの価格形成が消流を左右する最大のポイントになりそうだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る