電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 吉浜漁協 津波に備え漁船避難ルール策定

新聞記事

吉浜漁協 津波に備え漁船避難ルール策定

2019年03月11日


 東日本大震災発生から8年を迎える。その日に最大18.2メートルの津波で漁船284隻が被災した岩手県大船渡市の吉浜漁協は2月27日、漁船避難の目安となるルールを策定した。動力船と船外機船に分け、それぞれ、組合員が船を係留し陸上にいる場合と操業で海上に滞在する場合の2パターンでまとめた。陸上にいるときはいずれの船も原則沖出しせず、海上滞在時は動力船は組合員が帰港か沖出しか状況に応じて判断。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る