電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 釜石養サクラマス愛称「釜石はまゆりサクラマス」決定、来期事業化へ

新聞記事

釜石養サクラマス愛称「釜石はまゆりサクラマス」決定、来期事業化へ

2022年07月18日

今季初めて水揚げされた養殖サクラマス


 岩手県の釜石地域サクラマス海面養殖試験研究コンソーシアム(代表・平井俊朗岩手大三陸水産研究センター長)は11日、釜石湾で試験養殖しているサクラマス(地域名・ママス)の2季目の水揚げを開始した。初日は1尾2キロサイズを中心に4トンを釜石市魚市場に出荷し、最高値はキロ1380円。船上で瞬時に活締めした鮮度感と、在来種というなじみ深さが高く評価された。市の花にちなんだ愛称も決定。今年秋から事業化に移行し、5年ほどで出荷量を千トンまで増やす方針だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る