電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道内初の有機海藻誕生

新聞記事

道内初の有機海藻誕生

2022年07月11日

小安地区で養殖する有機マコンブ(4月下旬)


 道内初の有機海藻が誕生した。函館市小安産の養殖マコンブ、奥尻島産と松前産の養殖ワカメで、昨年12月に制定された日本農林規格(JAS)の「有機藻類」認証を取得。種苗生産で培養液を使わないことなど厳格な生産基準を満たした。3地区と連携を図り、小分け業者として認証を取得した㈱丸善納谷商店(函館市、納谷英雄社長)が乾燥製品を製造、有機市場が拡大する欧州への輸出を計画している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る