電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 白糠丘ツブかご全体的に好値推移

新聞記事

白糠丘ツブかご全体的に好値推移

2022年07月11日

好値を付けている真ツブ(7月2日、白糠漁港)


 白糠漁協の丘ツブかご漁は、全般的に好値で推移している。6日は真ツブの白大がキロ4千円台に上昇、灯台ツブも500円台に付くなど、いずれも前年同時期を大きく上回っている。操業前は赤潮による資源への影響も懸念されたが、佐々木誠ツブ篭部会長は「漁は例年よりやや少ない程度で極端な落ち込みはない」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る