電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 第十八陸丸が竣工、作業性追及随所に

新聞記事

第十八陸丸が竣工、作業性追及随所に

2022年06月20日

大漁旗に飾られた第十八睦丸(13日、厚岸湾)


 ウトロ漁協所属・有限会社睦漁業部(代表・深山和彦ウトロ漁協組合長)の定置船「第十八睦丸」(19トン、アルミ)がこのほど竣工した。船体・エンジンの大型化をはじめ、ポンプ・サイドスラスターなど各種スイッチやボンブの位置、ドラムの高さなど特に作業性を重視した設計・装備を施した。建マス(カラフトマス)の水揚げから本格的に操業を開始する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る