電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 「1円でも高く」飽くなき挑戦

新聞記事

「1円でも高く」飽くなき挑戦

2022年06月13日

腸内にも水を流し、肛門からも内容物を除去


 斜里第一漁協の有限会社北洋共同漁業部(伊藤正吉代表)は、定置網漁で水揚げしたサケ・マス、カレイ類など漁獲物の価値向上に挑戦を重ねている。「1円でも高く」の意識を共有し、12人が一丸で実践。従来の活じめに加え、今年から春定置のサクラマスを皮切りに胃洗浄の鮮度保持技術を導入した。併せて加工場を構え、液体急速凍結などを基盤に個人客を中心に斜里産の拡販に乗り出す。




購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る