電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道産タコ低調高値推移

新聞記事

道産タコ低調高値推移

2022年05月30日


 北海道のタコは減産高値基調で推移している。昨年の全体数量は6年ぶりに2万トンを切り今年1~4月も前年割れの漁況。アフリカ産の供給減も相まって、昨年の浜値は高騰した2018年並みの水準まで上昇、今年も強含みの展開。品薄下で引き合いが強まり、札幌市場の煮だこ相場も「今までにない価格帯」(荷受)に高騰。春漁本番を迎えた北海道とアフリカ夏漁の漁況次第では高止まりの様相で、関係者は消流鈍化の警戒感も抱えながら商戦に臨んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る