電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 陸奥湾半成貝ようやく歩留まり上昇か

新聞記事

陸奥湾半成貝ようやく歩留まり上昇か

2022年05月16日

半成貝の出荷作業。5月に入り歩留まりは向上している(5月10日、東田沢漁港)


 青森県陸奥湾で半成貝の水揚げが最盛期に入った。成育状況は昨年に続きやや小ぶりで、歩留まりも低水準だが、5月には例年並みの数値に上昇しており今後の成長が期待される。県漁連によると4月1日~5月9日時点の累計水揚量は、前年同期比横ばいの1万5300トン。11日以降17日間で平内町漁協浦田、小湊地区が各千トン、同じく東田沢地区、外ケ浜漁協蟹田地区が800トンの水揚げを予定している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る