電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 外房キンメ資源管理「全210隻で意思決定」

新聞記事

外房キンメ資源管理「全210隻で意思決定」

2022年05月02日

勝浦沖の釣りキンメダイの選別作業


 房総半島南東部の広域組織・千葉県沿岸小型漁船漁協(鈴木正男組合長)はキンメダイの持続的利用に向け、1969年から5単協16船団全210隻の意見をくみ取った話し合いで操業ルールを決めている。漁場が水深240メートル以深の沖合で、共同漁業権がない自由漁業。全船が団結することで、単協をまたいだ海域の漁場でも円滑な資源管理を実行している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る