電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 野辺地町トゲクリガニ前年比半減も良型に

新聞記事

野辺地町トゲクリガニ前年比半減も良型に

2022年05月16日

例年並みの水揚げに戻ったトゲクリガニ(5月10日、野辺地町漁協)


 終盤を迎えている野辺地町漁協のトゲクリガニ漁は、4月~5月上旬の盛漁期に日量400~500キロの水揚げ。好漁した昨年の半減となってはいるものの、浜値は序盤からキロ千円台と好値を維持している。サイズは良型が多く、同漁協によると「オスは1尾500~600グラムの大型も多かった」と説明。数量は「例年並みに戻った」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る