電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > ひやまイカ釣のマグロ被害深刻

新聞記事

ひやまイカ釣のマグロ被害深刻

2022年02月21日


 イカ釣漁で漁具や漁獲量に被害が発生し、クロマグロが要因に推察される問題を受け、道水産林務部は2021年漁期を皮切りに被害実態調査に着手した。国際的な資源管理の枠組みでクロマグロの漁獲量が厳しく制限される一方で、スルメイカは不振。イカ釣漁業が主力のひやま漁協では着業者から「クロマグロの資源管理が始まったここ4年で前浜のイカ釣は大減産。もっと早く動いてほしかった」との声が相次いでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る