電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 歯舞アサリ、自作選別具を本格導入

新聞記事

歯舞アサリ、自作選別具を本格導入

2022年02月14日

魚箱の底をくり抜いたふるい


 歯舞漁協アサリ部会は、自作のふるいを本格的に導入、選別作業の労力軽減と時間短縮を図っている。長山吉博部会長は「選別に要する時間は従来の半分」と効果を実感。精度についても「9割方選別でき、残りは目視や従来の物差しを使い徹底。良質出荷に努めている」と強調する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る