電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 豊洲アカガレイ、ナメタ高騰で需要増

新聞記事

豊洲アカガレイ、ナメタ高騰で需要増

2022年02月21日

荷動きが出てきたアカガレイ


 東京都・豊洲市場でアカガレイの引き合いが強い。鮮魚店に加え、飲食業者がランチの材料に使用。もともとマガレイやクロガシラガレイより人気を得ていたが、競合するナメタガレイの高騰で需要増を生んでいる。卸値はナメタが2千~1800円(2尾入れで3キロ、1尾入れ1.8キロ)で強含みに対し、アカは高値でキロ750円と手頃な価格。中旬ごろから子持ちも目立ち始めたことで、仲卸業者は「身が厚くなって売れてきている」と説明する。また、飲食店需要は「夜間営業の客足は減っているが、都の補助金が出るため営業は続けて、ランチで売り上げを確保する動き。その材料に仕入れている」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る